7話「祝詞と魔女、時々覚悟」感想

ノノの頬に手を当てる千矢が大人びていたのと「ニナ先生」とノノに言われたニナが佐久に泣きつくのと、一人で歌っていた紺が小梅に見られるのが可笑しくて、小梅の魔女姿が結構似合っていたのと、子供の頃、マリに「30歳くらいかと思ってた」と言うのが酷かったです。

この記事へのトラックバック

  • うらら迷路帖 七占 『祝詞と魔女、時々覚悟』

    Excerpt: 祝詞(のりと)とは 神を祭り神に祈るとき、(神主が神前で) 述べる古体の呪文みたいなもの。 そう、祝詞を間違えずに言えないと効力は発生しない。 なんと、高度な技.. Weblog: 奥深くの密林 racked: 2017-02-18 01:28
  • うらら迷路帖 #7

    Excerpt: 【祝詞と魔女、時々覚悟】 うらら迷路帖 第1巻(イベントチケット優先申込券付 初回限定版) [Blu-ray]出演:原田彩楓NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン(2017-03-24).. Weblog: 桜詩~SAKURAUTA~ racked: 2017-02-22 18:29