テーマ:うらら迷路帖

12話(終)「お風呂とお祝い、時々笑顔」感想

千矢が「佐久隊長みたいにつまんない大人になっちゃうよ」と言ってニナが「つまらないのが佐久のいいところじゃない」と追い打ちをかけるのが酷かったのと、髪をおろした小梅が可愛くて、時江が紺に「悔しかったらここまではい上がっていらっしゃい」と言うのとノノが「マツコさん、今生え替わりの時期だから」と言うのが可笑しかったです。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

11話「千矢とくろう、時々涙」感想

紺が回転扉に捕まるのと小梅が「ちょっとだけ太ったかも」と気にするのが面白くて、ノノが「マツコさんがツルツルになっちゃう」とショックを受けるのと、千矢がくろうをかぶったまま出てくるのが可笑しかったです。
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

10話「四人と昇格試験、時々試練」感想

時江が「全員、公平に厳粛にぶっつぶすつもりでいます」と言うのと佐久がニナに「佐久の心が破廉恥なんじゃないかしら?」と突っ込まれるが可笑しくて、千矢が「チーム戦なのに仲間はずれ」とすねるのが可愛かったのと、小梅が「悔し~時江さんの悪役顔が目に浮かぶわ!」と怒るのが面白くて、おキツネさまが乗り移っている紺にノノが「人格破綻者…」と言うのが酷…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

9話「母と心得、時々あなたのため」感想

時江が千矢を「お隣のシロさんに似てるのかしら?」と言うのが酷かったのと、ノノの事でニナがわざとらしくタンスに頭をぶつけるのが面白くて、小梅の寝相が悪かったのと、紺の歌が可笑しかったです。
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

8話「いけないこととわかんないこと、時々すっぽこぽん」感想

小梅が紺に「メイド服水着バージョン」を着せるのと、佐久が水着が脱げて取れた大島と塩沢に「なにしてんだ、このハレンチ部下どもが!」と怒るのが可笑しかったのと、浮き輪のままのノノが可愛くて、紺の夢の中の千矢がHな感じでした。
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

7話「祝詞と魔女、時々覚悟」感想

ノノの頬に手を当てる千矢が大人びていたのと「ニナ先生」とノノに言われたニナが佐久に泣きつくのと、一人で歌っていた紺が小梅に見られるのが可笑しくて、小梅の魔女姿が結構似合っていたのと、子供の頃、マリに「30歳くらいかと思ってた」と言うのが酷かったです。
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

6話「恋と追跡、時々よーしよーし」感想

小梅が千矢を天然痴女と言うのと、紺が「小梅のいつもの理解不能な妄想劇場よね!?」と疑うのが可笑しかったのと、変装した佐久が不審者扱いされるのとノノに肉じゃがと言われて食いつくのが面白かったです。
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

5話「花嫁と神様、時々はっくしゅん」感想

着物姿の千矢と白無垢を見る紺が可愛かったのと、小梅が「怒った佐久隊長じゃない?」と言うのとマツコさんを貸そうとしたノノが千矢に、「気持ちだけで十分だから」と遠慮されるのが可笑しかったです。
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more