テーマ:凪のあすから

13話「届かぬゆびさき」感想

まなかが「紡くんが太陽だから」と言うのが可笑しくて、光の母親の写真はちさきに似てるなと思いました。後、美海があかりのことを「お母さん」と呼ぼうと練習するのが良かったです。
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

8話「たゆたう想いのさき」感想

 美海がチョロチョロしたりコケたりするのが可愛かったのと、光がデリカシーのなさそうなことを言って、まなかたちに睨みつけられるのが面白かったです。ただ、あかりの件は引っ張りすぎかなと思いました。
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

7話「おふねひきゆれて」感想

まなかと紡がハモるのと、要がイケメンな笑顔で署名を集めるのが面白かったです。うろこ様は(光の親父に懇願されたとはいえ)意外と早く諦めたなと思いました。
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

4話「友達なんだから」感想

美海が卑怯だと言われるのが少し可哀想でした。後、光がチェストされて扉が簡単に壊れるのが可笑しかったです。 思っていたよりも、ドロドロにならなくて良かったです。
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

3話「海のいいつたえ」感想

紡のおじいさんが「子作りはしとるのか」とか言うのと、光が美海に「パパが女と別れるの、協力して」と頼まれるのが、可笑しかったです。
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

2話ひやっこい薄膜

 うろこ様がちょっとHなおじさんと言われるのと、あかりが男とキスしているのを光たちに目撃されるのが面白かったです。
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

1話「海と大地のまんなかに」感想

 まなかが網にひっかかるのが面白かったのと、うろこ様がまなかにセクハラするのが可笑しかったです。、後、光のジャンプ力がすごくて、紡に対してえらく嫉妬してるなと思いました。
トラックバック:13
コメント:0

続きを読むread more