6話「どきどきダブルベースサイスタンド」感想

虎徹が「ほんの少しだけど私の方が背、高いし」とこはねに言うのが鬼畜で、「トップにぴったりと寄り添い体をしっかりと支えて」とかひづめに指示された宇希が恥ずかしがりながらも嬉しそうだったのと、こはねがこけた時に虎徹が羽根もげたと言うのが可笑しかったです。

この記事へのトラックバック