第3話「恋待ち焦がれ」感想

柚蓮が桐に「柚となら組ませてもいいけど」と答えたときに嫌そうな顔をするのが酷くて、愚痴を叫んでいた時に櫻がいたのが面白かったのと、棗が漢らしくて、蓮が相撲を「裸の男同士が絡み合うのを見物するんでしょ?」と言うのが可笑しかったのと、葵が男の子だったのが意外でした。

この記事へのトラックバック

  • このはな綺譚 第三話「恋待ち焦がれ」

    Excerpt: 「お客様。此花亭を、そのへんの色街と勘違いされては困りますな。 酒の回りがお早いようです。送りの車を手配致しますので、今日はご自宅でお休みください。」 「そこの棗の言ったとおりでございます。 お客様お.. Weblog: ボヘミアンな京都住まい racked: 2017-10-26 16:15