5話「千里の道も努力から」感想

かりんとかれんがやよいをサポートしようとして、「3対1ならきっと」とか、「こっそりなら」と言うのがセコかったのと、まひろが珍しく役に立ったと思ったら脱落していたのが面白くて、リオンとやよいが試験管と一緒にお風呂に入っているのと、ニーナが不満そうなのが可笑しかったです。

この記事へのトラックバック