6話「和泉マサムネと一千万部の宿敵」感想

めぐみに怒った時の智恵の顔が凄くて、電話でめぐみが正宗にライトノベルの事で文句を言ってる時の格好が色っぽかったのと、部屋で目隠しをされためぐみを描いている時の紗霧の顔がいやらしくて、エルフが窓から入ってくるのが酷かったのと、ムラマサに知らないと言われて悔しがるのが可笑しかったです。

この記事へのトラックバック