アルナのいい加減なブログ2

アクセスカウンタ

zoom RSS 7話「祝詞と魔女、時々覚悟」感想

<<   作成日時 : 2017/02/17 05:29   >>

トラックバック 2 / コメント 0

ノノの頬に手を当てる千矢が大人びていたのと「ニナ先生」とノノに言われたニナが佐久に泣きつくのと、一人で歌っていた紺が小梅に見られるのが可笑しくて、小梅の魔女姿が結構似合っていたのと、子供の頃、マリに「30歳くらいかと思ってた」と言うのが酷かったです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
うらら迷路帖 七占 『祝詞と魔女、時々覚悟』
祝詞(のりと)とは ...続きを見る
奥深くの密林
2017/02/18 01:28
うらら迷路帖 #7
【祝詞と魔女、時々覚悟】 ...続きを見る
桜詩〜SAKURAUTA〜
2017/02/22 18:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
7話「祝詞と魔女、時々覚悟」感想 アルナのいい加減なブログ2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる